Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • 2013.5.2
  • 膀胱炎とクラミジア はコメントを受け付けていません。

膀胱炎とクラミジア

Pocket

膀胱炎とクラミジア膀胱炎は、女性がよくかかる病気の一つで、一度かかると何度も発症することが多い病気です。
トイレにいくことを長時間我慢していたりして膀胱炎にかかったことがある人もいるのではないでしょうか。
細菌の感染が原因で発症しますが、通常では膀胱に抵抗力があるため、膀胱炎にかかることはあまりありません。
しかしながら、睡眠不足やストレスなどで身体の抵抗力が落ちていると膀胱炎になってしまうことが多いようです。
また、性交渉が原因で発症するクラミジアも膀胱炎の原因の一つになることがあります。

膀胱炎の症状はトイレが頻回になったり、残尿感がある、尿が白く濁ったり血が混じったりということがあります。
クラミジアの場合はあまり症状がないのですが、女性の場合、おりものの症状が現れるということがあります。
また、男性の場合膀胱炎と同じく尿が白く濁ったり排尿の際の痛みが感じられたりということがあるようです。
クラミジアに感染していることに気づかないまま、尿道や膣、膀胱へと広がって膀胱炎を発症することが多いので注意が必要です。

膀胱炎にかかった場合、軽症であれば自然治癒することが多いようです。
病院で膀胱炎を治療する場合には、抗生物質を服用することが多いですね。
クラミジアの場合も膀胱炎と同じく、抗生物質によって治療します。
抗生物質によってクラミジアや膀胱炎の症状が収まってもまだ身体の中に菌が残っていることがありますので、完治するまで薬をちゃんと服用することが大切です。
クラミジアや膀胱炎にかかった場合には泌尿器科での治療となりますが、女性の場合には女性クリニックなどで診てもらえることもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

ページ上部へ戻る