Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

過敏性腸症候群とは

Pocket

過敏性腸症候群とは過敏性腸症候群とは、大腸の運動や分泌機能の異常からくる病気で、それらを総称して指します。
一般的には、過敏性腸症候群は検査をしても中々わかりづらく、それは、炎症や潰瘍など目に見える異常がないからです。
しかし、下痢や便秘、ガス過多などの下腹部の張りなどの症状が起こるので、過敏性腸症候群になると非常に面倒です。
これまでは、過敏性腸症候群は大腸の機能異常で引き起こされる病気と判断されていたのですが、最近では、小腸も関与していると指摘されています。
明らかな異常がないのに過敏性腸症候群になると、腹痛や腹部の不快感が強くなり、便秘や下痢が長く続きます。
小腸を含めた腸全体に機能異常があることが、過敏性腸症候群では、最近、判明しています。

過敏性腸症候群は、日本を含む先進国に多い病気で、日本人の場合、全体の10〜15%を占めているといわれています。
つまり、消化器科を受診する人の3分の1が過敏性腸症候群というわけで、いかに多いかがよくわかります。
一般的に過敏性腸症候群の原因は、腸の運動を司っている自律神経の異常が主とされています。
また、過敏性腸症候群は、精神的不安や過度の緊張などからくるストレスによって引き起こされることもあります。

過敏性腸症候群は、元々神経質な性格や、自律神経系が不安定な人がなりやすいと言われています。
最初は身体的理由が原因であっても、不安障害の一種として下痢になり、過敏性腸症候群になるケースもあります。
パニック障害などとほぼ同じような原理で、過敏性腸症候群になることは多く、むしろそうしたケースが最近では増えています。
近年では、セロトニンという神経伝達物質が、過敏性腸症候群に関係しているとも言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

ページ上部へ戻る