Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

突発性難聴とは

Pocket

突発性難聴とは

 


突発性難聴とは、まさしく突発的におきる原因不明の難聴のことを指し、最近、発症する人が増えている傾向にあります。

いずれにせよ、突発性難聴にかかったと思ったら、いち早く医者にかかることが大事で、正確な診断をしてもらう必要があります。
一刻も早い適切な治療が必要なのが突発性難聴であり、早急な治療、対応が必須になってきます。

突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患が突発性難聴であり、そのネーミングの通り、発症は突然です。

突発性難聴は、本当に突発的な病で、患者は難聴になった瞬間がしっかり確認できる突発的な病です。

よく起きるのが、朝、起きた時などで、起きた瞬間に突発性難聴になっていたということがよくあります。

基本的に、ある程度の時間経過によって、少しずつ難聴が進んだようなケースは、突発性難聴とは言いません。

また、突発性難聴の特徴としては、随伴症状として、耳鳴りや耳閉憾を伴うことが多いことにあります。

そして、中には、突発性難聴を発症した瞬間、強いめまいを感じることもあり、そのめまいは1回だけというのが特徴です。

強いめまいが1回というのが突発性難聴の特徴なので、繰り返しめまいを感じたら、ほかの疾患と考えられます。

突発性難聴は、原因が不明とされていることから、必ずしも単一の疾患とは限らないとされています。

原因がわかるものは突発性難聴ではなく、明らかに突発的な難聴であっても、原因にしたがって診断名をつけることになります。

つまり、最初に突発性難聴と診断された場合であっても、原因が判明した後は、診断名が変わることがあります。

突発性難聴は、聴力が低下した瞬間をしっかり自覚できるほどの即時的なもので、TVを見ていたら突然音が聞き取れなくなることがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

ページ上部へ戻る