Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夏の花粉症予防

Pocket

夏の花粉症予防


夏の花粉症の症状が特別辛いという事はないかもしれませんが、季節的な事を考えると辛さは春のそれより大きいかもしれません。

ただでさえ暑さで不快感が強いところに夏の花粉症の症状が加わると、イライラは更に増していくでしょう。

どちらか片方でも嫌なものが両方合わさるという事で、夏の花粉症は敬遠されがちなものと言えるのです。

しかし幸か不幸か、本州で夏の花粉症を目にする機会はそう多くありません。

そもそも夏の花粉症は花粉の飛散時期が梅雨と重なるので、必然的に花粉を吸い込んでしまう可能性が低いのです。

夏の花粉症は印象が薄いためか、しばしば夏風邪と混同して捉えられてしまう事があります。

もちろん夏の花粉症と夏風邪は似て非なるものなので、その対策や予防法はまるで異なるものです。

ただ、風邪薬の種類によっては一時的に夏の花粉症の症状を和らげる事があるようです。

もちろん夏の花粉症専用の薬ではないため、夏風邪ではないと判断できた時点で服用はやめた方が良いでしょう。

夏の花粉症だろうと春の花粉症だろうと根本は同じ花粉症なので、まずは取り込まないという予防法を考えてみましょう。

ただ夏の花粉症の場合は上着を羽織っていない事が多いので、服についた花粉に気付きにくいかもしれません。

夏の花粉症は幸いにして梅雨のある地域に住んでいると発症しにくい条件が重なっているため、自然と予防が出来ています。

とは言え当然ながら夏の花粉症に対する脅威が消えた事にはならず、存在そのものは恐ろしいものです。

どうしても思いつく範囲で夏の花粉症が発症する条件を満たしていないのに症状だけは出る、という時は別の問題が起きている可能性があります。

夏風邪と夏の花粉症が似ているように、ハウスダスト等によるトラブルもまた症状としては似ていると言えます。
 

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

ページ上部へ戻る