Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

適応障害とは

Pocket

適応障害とは

 


適応障害というのはその名の通り、ある環境に適応出来ない、即ちなじめない事から発症する精神疾患の一つです。

ただし、五月病の中には、単に厳しい受験戦争や就活を勝ち抜いてゴールインした事で気力が失われ、何となくどこもかしこもがつまらなく感じてしまうケースもあります。

こうしたケースは、別段新しい環境になじめないという訳ではないので、適応障害に該当しないものと思われますけどね。

適応障害は一見鬱病のように見え、的確な判断が専門医でも難しいという部分は否めません。

しかし、鬱病との最大の違いは、その要因となるストレスの種のようなものが極めて身近にある事です。

しかも、非常に最近そのストレス因子が現れたからこそ適応障害になってしまったというもの。

ですから、本人にはその判断が意外とつきやすいもので、環境を変える事によって完治するパターンが圧倒的多数です。

そのため、診断に思いのほか時間を要する事になってしまう訳ですが、必ずストレス因子は特定出来ます。

そして、そのストレス因子さえ特定出来れば、適応障害からの脱出はそう困難ではないのです。

適応障害は、進学や就職と言った大きな環境の変化だけではなく、クラス変えや配置換えなどの小さな環境の変化からも起こりえます。

また、引っ越しなども非常に要因となりやすい疾患であって、いつ、誰が発症しても不思議ではない心の病気だと思っておく必要があるでしょう。

特に最近は少子化&各家庭化の中で比較的安定した子供時代を送られていた方が多いだけに、社会に出て適応障害になってしまうというケースも目立つようです。

特に適応障害は比較的要因が特定しやすく、治療が容易な疾患です。

ただ、環境改善というのは自分だけで簡単に出来るものではなく、特に家族の理解と協力は必要不可欠になって来るでしょう。

ですから、まずは関連のブログやサイトで自分は勿論、周囲の人たちにも適応障害とはどんな病気なのかをきちんと知ってもらう事が何より大切ですね。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

ページ上部へ戻る