Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

臓器移植とは

Pocket

臓器移植とは臓器移植は、非常に難しい問題で、近年、日本でも様々な問題が浮き彫りされていて、議論を呼んでいます。
基本的に、臓器移植とは、臓器が再生不可能な機能不全の状態になった際、それを移植で治そうというものです。
ただ、臓器移植と言うのは、人間の尊厳にかかわるものなので、様々な問題提起がなされています。
臓器移植をするにあたっては、色々なケースがあり、亡くなった人から提供を受ける場合が一般的です。
しかし、臓器移植の場合、家族などの生きている人から提供を受ける場合があり、色んなところで物議を醸しています。
こうした選択肢がある臓器移植ですが、亡くなった人から提供を受ける臓器も様々で、それには、心臓、肝臓、肺、腎臓、膵臓、小腸などがあります。

臓器移植をする場合、臓器の提供は心停止後にできるものもありますが、通常、心臓、肝臓、肺、膵臓、小腸などは、脳死でしか提供できません。
腎臓については、心停止後であっても臓器移植は行われているのですが、この場合、事前の処置が必要になってきます。
そして、脳死で臓器移植をする場合には、意思表示カードなど、提供される方の意思確認が必要になってきます。
家族など生きている人からする臓器移植については、世界でも一番沢山行われている腎臓が有名です。
まだ、世界的には少ないのですが、例外的に日本で多く行われているのが、肝臓の臓器移植です。
また、最近てば肺の臓器移植も行われていて、今後はさるに色んな部位が移植される可能性があります。
先進国においては、臓器移植は、一般的に、ドナーの順番待ち制度を組んで行われています。
ただ、ドナーの数は少なく、順番待ちリストに従っていると、いつまでも臓器移植が受けられないというのが現状にあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

ページ上部へ戻る