Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • 2014.1.11
  • 薬の副作用とは はコメントを受け付けていません。

薬の副作用とは

Pocket

薬の副作用とは

 


薬の副作用とは、薬を飲んだ時に起こり得る症状で、そこには色々な症状があり、予期せぬようなことも起こります。

そのため、薬を飲む時にいちばん気になるのが、どんな薬の副作用があるのかということになります。

薬を飲んだときに現れる、本来の目的以外の作用が薬の副作用なので、非常に怖いものであることに違いはありません。

こうした薬の副作用の場合、眠ることを期待してのんだわけではないので、起こる症状になります。

眠気というのは、一般的な薬の副作用とされますが、不眠症のために睡眠薬をのんで眠くなった場合はそうではありません。

薬の副作用は、薬を飲んだ時、本来は目的としない作用があらわれるということであり、それこそが副作用なのです。

結果、薬の副作用が起きることがあり、予想以上に薬が強く作用して副作用をひきおこすこともよくあります。

糖尿病の薬の効果が強すぎて低血糖をおこすような場合は、れっきとした薬の副作用ということになります。

残念なことは、薬の副作用が絶対ないという薬は、今のところないということで、これは如何ともしがたいことです。

薬の副作用がない薬がないからと言って、薬を使わない、というのでは適切な治療をすることはできません。

薬を飲む時は、何より、薬の副作用を理解したうえで、薬を正しく使うようにしないといけません。

正しい薬の副作用に対する知識をもつことで、よりよい治療が進められるようになるわけです。

薬の副作用というのは、薬を飲んだから必ずおきるというものではないので、あまり神経質になってもいけません。

基本的に、薬の副作用の起こり方や現れ方は、一人ひとり微妙に違いわけで、一様ではありません。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

ページ上部へ戻る