血糖値を気にする人に雑穀米

雑穀米は食物繊維が豊富で、便秘の解消や予防にいいと言われますが、それだけではありません。
雑穀米には血糖値を下げる効果もあって、成人病の改善や予防にも一役買ってくれるのです。
例えば、黍団子の材料として知られる黍には、コレステロールを抑制する働きがあって、血糖値の高い人には非常にいいとされているんですね。
それに、見た目も食間も卵のようなまろやかさを持つ黍を混ぜる事で、とても食べやすい雑穀米に仕上がります。
美味しく食べて、コレステロール値や血糖値を下げ、元気な毎日を送りましょう。
後、もう一つ、黒い穀物その名も「黒米」、これも見逃す訳にはいきません。

雑穀米というと、どれもこれも不味い穀物ばかりを混ぜたものだろうと思っていらっしゃる方も多いかと思います。
特に、本来なら人一倍血糖値やコレステロール値を気にしなければならない人ほど、そういう雑穀米に対するマイナスのイメージをお持ちのようです。
でも、決してそんな事はなく、黒米なんぞは、それだけで食べたくなる位グッドな雑穀です。
ただ、そうすると逆にコストが掛かってしまうので、まあ雑穀米として、他の穀物とブレンドする事によって量を増やすのが無難だろうとは思いますけどね。
とにかく黒米には人気のポリフェノール「アントシアニン」が豊富に含まれていて、血糖値を下げるにはもってこいの一品です。
さらに、この黒豆を混ぜた雑穀米には、高い抗酸化作用がプラスされるお陰で、動脈硬化やガンの予防にも繋がるんですね。

雑穀米と言えば、忘れて鳴らないのが玄米、まあ雑穀の定番とも言える存在でしょう。
勿論、玄米入りの雑穀米にも、それなりの血糖値を下げる効果は含んでいます。
何故なら、発芽する際に酵素を活性化させるからで、そんな発芽玄米をブレンドした雑穀米は、私たちの能や身体をも活性化してくれます。
こうした事からも分かる通り、雑穀米はブレンドする穀物が大きなポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です