ジェネリック医薬品

特に近頃は、厚生労働省も力を入れ、テレビやなんかでもしきりとアピールしていますしね。
ただし、新薬と全く同じ薬を他の製薬会社がそっくりそのまま受け継いで造ったり売ったりしているものではありませんよ。
ほぼ同じ成分で、ほぼ同じ効果効能を持つ薬を他の企業が造ったもの、それがジェネリック医薬品です。
とは言え、同等の成分配合で造られる事により、それまでに実証されている効果や安全性は十分持って要る訳です。
それを考えると、ジェネリック医薬品は、かなりお買い得な薬と言えるかも知れませんね。

ジェネリック医薬品の魅力は、なんと言っても新薬に比べると遙かにリーズナブルな価格です。
実際厚生労働省も、「ジェネリック医薬品とは、これまで効果や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた低価格なお薬です!」と謳っていますね。
これは、新薬のような高価な研究開発費が掛かっていないからこそ実現出来るものに他なりません。
そして、比較的資力の弱い中小規模の製薬会社でも、ジェネリック医薬品なら製造販売出来るというところは多数あります。
そこで、常時新薬の研究開発に勤しむ大手製薬会社に対し、後発医薬品の提供のみで生き延びている中小製薬会社も少なくないようですね。
ただ、そのためにその供給力に安定性がないというのも否めない点で、これはジェネリック医薬品が今イチ日本で普及しない理由の一つにもなっていると言われています。
とは言え、特に貧困に苦しむ発展途上国においては、なくてはならない存在であるのもまた現実です。

ジェネリック医薬品は確かに新薬と全く同じものかと言われれば、それは多少なりとも異なっては来ると思いますよ。
実際、ジェネリック医薬品の使用が難しい病気や患者さんも多数いらっしゃいます。
やはり新薬ではでなかった副作用がジェネリックにしたために出るという事もないとは言えないのです。
ただ、医師や薬剤師が構わないと判断したのであれば、試してみる価値は決して低くない存在だろうと私は思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です