日本ジェネリック医薬品学会

聞いた話によると、日本にはアンチジェネリック医薬品学会なるものも存在するとかしないとか・・・。
けれど、ジェネリック医薬品が新薬と呼ばれる先発医薬品と同等の効果効能と安全性を持ち合わせている事は、ある程度立証されている事です。
日本には、アンチの付かない正式な日本ジェネリック医薬品学会というのもちゃんと存在しますし・・・。

ジェネリック医薬品というのは、実は昨日今日お目見えしたものではなく、ずっと以前から存在していました。
何故なら、昔から基本的に新薬としての特許は20年から25年と決まっていた訳ですからね、それが切れるとどっとジェネリック医薬品が出だした訳です。
それを厚生労働省がジェネリック医薬品と呼称させた事で、随分そのイメージも変わりました。
やっぱゾロじゃねぇ、患者側としてもどうも信用しにくいものがなくはないですものね。
そして、その中で、長年その後発医薬品の発展と普及に勤しんで来たのが日本ジェネリック医薬品学会です。
アンチの付かない立派な学術団体で、今は国際医療福祉大学大学院教授であり、国際医療福祉総合研究所所長でもある武藤正樹先生が代表理事を務めていらっしゃいます。
この武藤先生が書かれた「ササッとわかるジェネリック医薬品」という本は、中々分かりやすいですよ。

ジェネリック医薬品の調書・短所を含め、正しく理解したければ、是非とも武藤先生の本を読まれるといいと思います。
ただ、忙しくて本を読む時間がないとか、活字嫌いで本を読む気がないとおっしゃる方は、日本ジェネリック医薬品学会のホームページにアクセスされてもいいでしょう。
後発医薬品についての情報を得る事が出来ます。
ただし、正しいジェネリック医薬品に関する知識を得る事が何より大切です。
医学や薬に関してはいつも賛否両論あるようですので、日本ジェネリック医薬品学会とアンチの情報を見比べて、ご自身で判断されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です