ジェネリックの低価格医薬品

ジェネリックの薬は安物だとか、安いから効果や安全性が低いのではないかとおっしゃる方が時よりいらっしゃるようです。
けれど、ジェネリック医薬品が安いのは、生産コストが安いからではなく、開発までのコストが安いからに他なりません。
通常、新薬のハイコストは、その大半が生産工程ではなく、研究開発工程から出て来るものです。
しかし、新薬で証明された有効成分から同等の効果効能を持つ薬として造られたのがジェネリック医薬品。
勿論、多少なりとも独自の添加物配合や製造工程も考えなければなりません。
それに、ジェネリックとしての厚生労働省の定める試験も受けないといけませんからね、全く開発コストが掛からないという訳ではありませんよ。
ただ、それでも新薬に比べれば遙かにリーズナブルで済みますから、それがそっくりそのままジェネリックの低価格に反映されて来るという訳です。

ジェネリック医薬品と一口に言っても、やはり元々の有効成分が非常に高価な薬も少なくありません。
こうなって来ると、ジェネリック医薬品を取入れる事で、個人の医療費負担が大幅に軽減される可能性は否めないでしょう。
特に、複数の薬を長期間服用される方にとっては、見逃せない話だと言っても過言ではないでしょうね。
出産前のお母さんと生まれたばかりの赤ちゃんにそれぞれ一回ずつ投与する事でHIVの母子感染リスクを軽減出来る事で知られるエイズ治療薬「ネビラピン」はその代表格。
実はこのネビラピン、欧米では特許が切れていないため、当然、ジェネリック提供が認められていません。
元々新薬の特許は原則20年で、その後はジェネリックの製造が自由になる仕組みになっています。
ただ、やはり厚生労働省がしっかり管理してくれるようになった事で、私たち消費者が受け入れやすくなった事は事実でしょう。
不況が深刻化している昨今、日本でもようやく、低価格のジェネリック医薬品が普及して来ました。
それでも、まだ多くの先進国が市場の60パーセント近くを占めているのに対し、日本は僅か30パーセント足らずです。
まだまだ検討する価値のあるジェネリック医薬品、関連のブログやサイトで一度じっくり調べてみられてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です