ロキソニンはジェネリックの代表格

確かに、ロキソニンに限らず、鎮痛剤や風邪薬というのは、結構エクスペンシブですからね、安価なジェネリックがあったらと考えてしまわれるのでしょう。
ただ、ああいう鎮痛剤は、一種の麻薬みたいなもので、いくら副作用が少ないと謳われていても、胃への負担は否めません。
それを考えると、余りにも安価なジェネリックが沢山出回らない方がいいんじゃないかなぁっていう気もしないでもありませんよね。
そこそこ高価な薬なら、安易に飲めないから、依存症に陥る確率も低いんじゃないかと思うし・・・。
なんでも、ロキソニンの一般名は「ロキソプロフェン」であって、元々は医療機関でのみ使用される医薬品だったんだそうですね。

ジェネリック医薬品というのは、一般名である有効成分を使った後発医薬品の事で、基本的に先発医薬品と同じものと考えられます。
ですから、現在薬局で一般薬として市販されているロキソニンは、全てこのロキソプロフェンを有効成分としたジェネリックなんですねぇ。
特に「ロキソニンS」というのは、第一三共製薬の商品名なのだそうですよ。
そして、他にも複数の製薬会社がロキソニンのジェネリックを製造販売しています。
という事で、欲しい欲しいと言いながら、もうすでに皆さん、ロキソニンのジェネリックを服用された事があるかも知れませんね。
あれもロキソプロフェンを有効成分とした薬ですから、立派なジェネリックロキソニンという事になりますね。
そんな中、ロキソニンほどジェネリックが出回り、定着している薬品は少ないのではないでしょうか。
それだけ鎮痛剤というのが受容の多い薬なのでしょうけれど、くれぐれも飲み過ぎにはご用心。
よく、ジェネリックだから、安物だから効かないんだと言う人がいますが、それは違うと思います。
やはり依存症になってしまうと、効果が実感出来なくなってしまい、とんでもない勘違いを引き起こしてしまっている事も大いに考えられるでしょう。
という事で、安価な故に使い方には十分気を付けたいジェネリック、まずは関連のブログやサイトで正しい知識をしっかり身に付けたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です