ジェネリックに必要な処方箋

ジェネリック医薬品は、処方箋不要の自分で選べる薬だと思っていた人がちょっと前に会社にいてね、びっくりしましたよ。
確かに、ジェネリックの中にも、ロキソニンのような市販薬もあるにはあります。
従来通り、医師の処方箋を発行してもらい、それを持って調剤薬局に行って、初めて購入する事が出来ます。
なので、まずは病院へ行って、きちんと検査をしてもらって、今後の治療方針やジェネリックについてを考える必要があります。
ただ、それをきちんと整備し、普及させるべく、厚生労働省はジェネリック医薬品という呼称を定着させる事に勤しんだのです。
今でも勿論流れていますが、一時期テレビやラジオでは、ものすごく頻繁にそのCMが放送されていましたよね。
ちょうどその頃だと思いますよ、医師の発行する処方箋に、「ジェネリック変更可」という欄が出来たのは。
ところがところが、この欄への署名をしたがらないドクターが目立ったため、考え直した厚生労働省は、「ジェネリック変更不可」という欄に変更したんですね。
でもって、今度はこの欄にドクターが署名しない限り、薬剤師と相談して自由に変更出来るシステムにした訳ですよ。
それが今ではさらに簡易化され、処方箋のジェネリック変更不可の欄にチェックが入ってさえいなければ、患者は自由に好発医薬品を選べるようになりました。

ジェネリックの普及により、患者自身が薬を選べる時代になったのは紛れもない事実です。
最近では、「先発医薬品にされますか、それともジェネリックにされますか?」と尋ねてくれる親切な薬剤師さんも随分増えて来ましたね。
とは言っても、それはあくまでも医師の処方箋があっての物種。
それも、処方箋のジェネリック変更不可の欄にチェックが入っていなければという条件付きでの事です。
という事で、ジェネリックなら処方箋不要で入手出来るというのはごくごく限られた一部の医薬品に対する話で、決して一般的な話ではないのであります。
そして、医師に処方箋を書いてもらうというところからですよ、ジェネリックデビューはね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です