ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品が日本で今イチ普及しないのは、やはりその安全性に対する医師や薬剤師の信頼度が低いからだと言われています。
医師や薬剤師の信頼度が低ければ、当然消費者のジェネリック医薬品に対する安全性への不安は高くなる訳ですね。
ですが、ある意味、世に出たての新薬の方が、本来はずっと不安が大きいのではないかという気もしませんか。
当然、全く別の会社が作る訳ですから、全く同じ薬という訳ではありませんよ。
ただ、新薬と同等の効果と安全性が認められて初めて提供が許されるのがジェネリック医薬品です。
個人的には、むしろ、出たばかりの新薬よりもジェネリックの方が安心かもって思う位です。
これによって、そのジェネリック医薬品が、新薬として出た先発医薬品と同等の効果と作用、そして安全性を持つ事が示される訳です。
しかも、現在日本で行なわれているこの試験は、厚生労働省が定めた「後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン」に基づくものなんですね。
従って、ジェネリック医薬品に対する安全性面での抵抗は、我々消費者が必要以上に持つ必要はないのではないかというのが私の考え方です。
となると、当然、その添加物によるジェネリックならではのトラブルも発生しないとは限ってはいないんですね。
こうした事を考えると、ジェネリックに対する安全性を一切疑う必要はないという事は出来なくなってしまいますね。

ジェネリック医薬品を体質面で使用する事が難しい患者さんも少なくないのは事実だろうと思います。
ただ、逆に、新薬よりジェネリックの方が体に合うという事が有り得るのもまた事実でしょう。
その辺りは、関連のブログやサイトで調べていただけるとよく分かるかと思いますが、薬の安全性というのは、製品側だけではなく、人によって大きく異なって来ます。
ですから、医師がジェネリック不可と処方箋に記載しない限りは、試してみる価値は十分あるのではないかと私は思いますね。
ただし、使用される添加物の種類や量は従来品と異なる事も珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です