ジェネリック医薬品の効果効能

従って、ジェネリック医薬品の効果効能は、新薬と全く同じであるという事になります。
そして、安全性にも問題点がない上、価格が安いのですから、こんなにいい薬はないでしょう。
PRとかって言っちゃいけない、怒られるかも知れませんが、とにかく厚生労働省としては、もっか後発医薬品の普及に多大なる力を入れているようです。
あっ、「後発医薬品」というのは、ジェネリック医薬品の日本語名ね。
でもって、新薬は「先発医薬品」というのが正式名称のようです。
さてさて、そんなジェネリック医薬品、果たして、その効果効能は本当に先発医薬品と全くおなじなのでしょうか。
実際、先発医薬品と全く同じ薬を他の企業が造る事は、様々な面で困難だと言っても過言ではないと思うんですね。

ジェネリック医薬品は、先発品が実証した有効成分をそのままに製造されたお薬です。
となると、当然、使うこうした添加物が違う事によって、薬の形状や色、匂い、味などは大きく異なって来ます。
逆に言うと、だからこそ厚生労働省の認可が下り、市販出来るのです。
実際、厚生労働省では、ジェネリックの申請に際し、生物学的同等性試験のデータ添付を義務付けています。
これによって、先発医薬品と同等の効果効能と安全性を持つ事が証明される訳です。
勿論、この試験も、厚生労働省が設けたジェネリック医薬品のための生物学的同等性試験ガイドラインに基づいて行なわれたものでないと駄目なんですよね。

ジェネリック医薬品の効果効能については、別段、私たち素人が疑う余地はないのではないかと私は思います。
というより、自分でジェネリックの効果効能を疑ったところで、それを試したり実証したりするのは服用するしかない訳じゃないですか。
だったら、いっその事、四の五の言わず試してみてもいいんじゃないんでしょうかねぇ。
もちろん、ドクターの書いた処方箋上に、「ジェネリック不可」の記載がなければのはなしですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です