ジェネリックの意味

ジェネリックというのは、所謂後発医薬品の事だと思っていらっしゃる方も多いのだそうですね。
むしろ、後発医薬品という言葉の方が全然一般的じゃないかもって思う位ですものね。
ようするに、特定のブランドや企業だけが製造や販売を許されたものではないという事ですね。
そこで、最初に新薬が出され、特許が取得された後、その期間満了となった後発医薬品をジェネリック医薬品と呼ぶ訳です。
まあ速い話、ジェネリックというのは、後発医薬品を意味する言葉ではないという事ですよ。

ジェネリックの基準に基づいて提供されている薬、それが後発医薬品であるというふうに考えると分かりやすいかも知れませんね。
ホント、先発品を真似たもののない世界なんて、そうはない訳じゃないですか。
となると、この世の中、ジェネリックのない世界なんて、そうはないという事になります。
そして、そこにはジェネリックがあるという事になるという意味です、さっきから私が言いたいのは・・・。
ジェネリックという言葉の正しい意味を知る事で、多少なりとも後発薬品に対する理解は出来るのではないかと思いますね。

ジェネリックというのは、非常に一般的な存在であるという事はここに説明した通りです。
けれど、特定のブランドや基準にとらわれないという事は、時に全く新しいジェネリックを生み出す事も多々あります。
こうしたジェネリックの本来の意味や現状を考えると、例えそれが薬の世界であっても、別段大きな抵抗を持つ必要性は低いのではないでしょうか。
まあ医薬品の場合は、ものがものですからね、他の技術や物品と全く同等には見られないでしょうし、見ては危険な部分もあるでしょう。
例えば、一定の基板となるデータを並べてプログラミングをしない方法なんかは、ジェネリックプログラムと呼ばれ、一般的でないスタイルのものという事になってしまいます。
そんなこんなを考えると、実に奥深くて面白い後発技術の世界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です